防音室を作れば楽器や映画が倍楽しめるようになる

設置箇所で費用は異なる

女性

ガラスを交換しよう

どんなに気をつけていても、生活音は生活をしている証なので多少は音漏れしてしまうものです。仕方がないとはいえ、集合住宅が増えている現代において、ちょっとした生活音が隣人トラブルをまねいてしまうことがあります。マンションにしても一戸建てにしても、対策ができるのなら騒音対策をしておきましょう。騒音対策には費用がかかります。業者によって多少の違いがあるので調べてみましょう。また、騒音対策の仕方によっても異なります。その対策方法としては、ガラスを分厚いものに変えることもあれば、壁の中に吸音材を入れるといったものもあります。設置箇所によっても費用は異なるので、その点をまずは決めましょう。全体的に安い騒音対策としては、ガラス交換が挙げられます。最近は防音用のガラスの種類が増えてきているので、ガラス専門業者に相談してみましょう。そうすれば、騒音対策に最適な種類を教えてくれます。現在、設置されているガラスの上に二重に設置するという方法もあります。もしくは分厚いものに交換することになります。どちらにしても、この費用は工事代も含めて30万円前後かかると考えておきましょう。もちろん、全部のガラスを交換するのか、一部だけにするのかによっても費用は異なります。一方、壁に防音用の吸音材を入れるとなると、これはもっと費用がかかるものです。しかも、工事も費用がかかります。この点も考えた上で、どの方法が適しているのか選択しましょう。