防音室を作れば楽器や映画が倍楽しめるようになる

音の遮断と吸収と防振

壁

使う材料とそれぞれの効果

周囲との騒音トラブルの回避を希望する人の多くが、防音工事を業者に依頼しています。ただし防音工事には、音を遮るためのものと、音を運ぶ振動を防ぐもの、そして音を吸収するものとがあります。それぞれ施行に使用する材料が異なっているので、目的に合わせて選択することが大事です。具体的には、屋外の風の音や人の話し声などが室内に響くことを防ぐためには、音を遮る遮音材を使った防音工事が必要となります。特によく使われているのは石膏ボードで、これを壁や床の下に挿入することで、室内では静かに過ごすことが可能となるのです。しかし、隣の部屋の人が壁をドンドンと叩いた場合には、その音が響くことになります。これは、壁自体が振動することで、音を伝えるからです。これを防ぐためには、ゴムシートなどの防振材を使った防音工事が適していると言えます。防振材は、階下に足音などを響かせないようにするためにも、使われています。そして、楽器の音や歌声などが周囲に響くことを防ぐ場合には、ウレタンフォームなどの吸音材が使われます。ウレタンフォームは、ウレタンを発砲させることで作られている素材なので、内部には無数の気泡があります。したがって、これを壁や天井などに入れておくと、室内の音が気泡のひとつひとつに包まれることで、周辺には伝わりにくくなるのです。このように防音工事は、使う材料によって効果が異なっているのです。もちろんこれらの全てを使うこともでき、その場合はより高い防音効果が期待できるようになります。